立ち仕事をしている人に多いのが下半身だけ急激に太ってしまった方。
その原因はなんでしょうか?運動不足や食生活の乱れによって下半身だけが太りやすくなっていませんか?
下半身が太ってしまう原因と、下半身を痩せさせる効果的な食事方法をご紹介したいと思います。

下半身太りになる最も多い3つの原因

1、ボディバランスの崩れによる下半身の水分停滞

運動不足による筋肉の低下や普段の悪姿勢によるからだの歪みによって動脈やリンパが圧迫され下半身に水分が停滞してしまうことによる下半身太りです。
身体の歪みは血流の悪化を招いてセルライトを発生しやすくしてしまいます。

2、身体の冷えを脂肪の断熱材がカバー

女性に多い「冷え性」ですが、腰回りや足元が冷えないようにするために脂肪がつきやすくなっています。女性の身体は大切な子宮を守るため下半身に脂肪細胞が多く存在しているといわれています。身体を温めることは子宮を守ることとして、冷えすぎたからだには脂肪がつきやすくなります。

3、塩分の多い食事で体内水分が増えすぎている

外食や濃い味付けの食事が続くと血中の塩分濃度が高まります。それを薄めようと体内に多くの水分がため込まれむくみの原因となっています。体内の水分が重力で下半身に下がってしまい下半身太りに繋がっています。

下半身太りを改善するには

毎日の適度な運動と筋力アップ

下半身太りの解消には地道な運動を継続していくことが必要です。普段の悪姿勢を正し身体を動かすことを心がげましょう。
階段の上り下りや、通勤時の歩く距離を少し伸ばすなど毎日少しずつできることから始めてみましょう。
筋力の低下で崩れてしまったボディラインを整えるには適度な筋肉トレーニングも必要です。骨盤まわりや腹筋足腰のトレーニングも意識して行いましょう。
参考:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h27/270401

食生活の改善

お菓子類や糖質が多い食事、インスタント食品はきょくりょく我慢しましょう。お菓子やケーキは食べた分だけ脂肪として蓄積されてしまいます。塩分を多く含む外食や味付けは血流を悪化させてしまうのですぐに改善した方が良いでしょう
塩分に含まれるナトリウムは体内の水分をため込む働きがありむくみの原因になります。。

下半身太りに効果的な体質改善のための食材

・さといも
・かぼちゃ
・海藻類
・アスパラガス
・豆類
・フルーツ類
・野菜類
・セロリ
など

ビタミン、ミネラル、カリウム、食物繊維、カロテン、ルチンなどを含む食材を意識して、下半身太りの改善には食生活の改善がもっとも効果的です。代謝を促し老廃物を上手に排出できる身体づくりを心がけましょう。
特に野菜類を摂取することで、これらの栄養が取りやすいです。もし忙しくて中々野菜を摂取できない!という人は粉末タイプのグリーンスムージーを取り入れてみましょう。

体温の調節

身体の冷えをカバーするために下半身に脂肪が蓄積されやすいので、まずは身体を冷やさない生活を心がけましょう。とくに腰回りや足の付け根、足首などを冷やしてしまうと、身体を循環する血液も冷えてしまいます。服装や空調に注意して身体の冷え過ぎを防ぎましょう。
また、温かい飲み物や身体を温める食事を心がけることでも基礎体温をあげることができます。
根菜には身体を温める作用があります。生姜は基礎体温をあげるためにはとても良い食材です。根菜は毎日でも食事に取り入れるようにすると良いですね。
この他にも、毎日湯船につかりしっかりとつかり身体を芯から温めるようにすると、基礎代謝をあげることができます。
毎日少しずつの積み重ねで、下半身太りをスッキリ解消しましょう!